鹿児島でお気に入りのデリヘル嬢。

この前、気分転換にと思って、デリヘルを呼ぶことを決意。
その日に向けて、オ○ニーを我慢していざ、電話。
時間と○○さんの事前予約も鹿児島デリヘル デリプレイで調べてたからスムーズに。

○○さんは見た目もサービスも抜群で今では自分のお気に入りの嬢なってしまった…。
数分待っていると自宅に到着し、○○さんと対面。
緊張感も自然となくなり、ほのぼのとした雰囲気でトークをしながらお部屋に上がってもらった。
最近の出来事を話ながら、服を脱いでのプレイスタートとなった。
相変わらずの優しい感覚でシャワーを浴び、べットへ…。

全身リップやア○ル攻めを受けながらも、既にビンビンになっていた。
○○さんの攻めを堪能しながらも、我慢の限界へと近づいていっていた。
正直、頭の中では、一体何分我慢していられるのか、と考えてしまうくらいだった。
○○さんとの密着プレイがどんどん進んでいき、気持ち良くなっていった。
しかし、自分が仰向けになった時は、こっちからも攻めるチャンスでもある。
○○さんが乳首攻めをしてきて…
○○さん「んん♡(チュッ)」もちろんこの時もチ○ポからは手が離れなかった。
自分  「…気持ちい」
○○さん「うん♡」
鹿児島デリヘル デリプレイ
いくら反撃したくても、密着されてしまうとその気持ち良さになかなかできずにいた。
すると、プレイは素股に…。
鹿児島デリヘル デリプレイ
今にもイきそうなチ○ポに○○さんがマ○コを擦り付けてきた。
さらに、もはや自分のポイントを熟知されているかのように、乳首も同時に攻めてきた…。
あまりの快感に声が漏れてしまっていたが、自分もこのままではと思い、○○さんの乳首へ…。
素股をしながら、お互いに乳首攻めを展開し、時には濃厚なDキスをしながら時間が経っていった。
いよいよ、フィニッシュに向けて、○○さんの攻めが続いた。
ここまでは我慢できていたが、69になってからのチ○ポの集中攻めには耐えられなかった…
自分  「ヤバい、ちょっと待って!イっちゃう」
○○さん「うん♡」
と、何とかそのときは攻めを緩めてくれたが、次の瞬間…
○○さんがまたフェラと手コキを繰り出してきた。
自分  「っちょっと待って!気持ちい…イっちゃう… あっ(快感)」
○○さん「あっ♡」
鹿児島デリヘル デリプレイ
オ○二―をしていなかっただけでなく、○○さんの小悪魔的な攻めに完敗してしまった。
やはり、ベストは○○さんだということを再認識した。

エッチな体験談
お問い合わせ

熟女動画専門サイト 熟れた果実では相互リンク、アクセストレード、広告依頼大募集中!各種問い合わせは下記メールフォームより受け付けております。質問、相談などございましたらお気軽にお尋ねくださいませ。